世界遺産であるアンコール遺跡は魅力に溢れている

世界遺産であるアンコール遺跡は魅力に溢れている

世界遺産であるアンコール遺跡は魅力に溢れている

長い間内戦その他の争いで影の歴史も多いカンボジアですが、最近は経済成長が著しく投資が盛んになされています。

 

 

そんなカンボジアですが、観光業が大きなウェイトを占めていてその中でもひときわ光輝いているのがアンコール遺跡であり、世界遺産の中でもとりわけ異質の魅力があります。

 

 

 

それはまずその規模という点があります。アンコール遺跡はすべての遺跡を見て回るとすると1週間以上は必要であり、それだけ広くて広大なものなのです。原生林の中にそびえ立つ遺跡は実に神秘的であり、世界遺産という名にふさわしいものでしょう。

 

 

遺跡を見るとかつて文明が栄えた時代をじっくりと見ることができますが、それは権力争いと不道徳にも満ちているものであり、やはり影の部分が大きなものです。ところどころに遺跡の壁にそのような彫り物がしてあり、その絵はかなり生々しいものもあります。

 

さてこのようなアンコール遺跡ですが、バイクなどをチャーターしてコースを回ることができます。遺跡につくとその大きさに圧倒させて、これだけの大きな石をどのようにして積み上げたのだろうか、機械も重機もない時代に手作業だけでこれだけのものを仕上げることの偉業には鳥肌が立つほどのものでしょう。そしてこれを完成させるのにどれほどの期間と国民を集めたのか、そんなことを想像しながら遺跡めぐりができれば、それはとても興味深い時間になるはずです。

 

 

アンコール遺跡において最も有名なのがアンコールワットと呼ばれるものであり、ここは朝暗いうちに出かけていき、夜明けを見る絶好のポイントがあります。それは太陽の力強さを肌で体感する独特の経験になります。

 

 

アンコール遺跡は最低でも3日間は必要であり、メインだけであればだいたいのポイントを見ることができますが、あまりにも広大なので、1週間くらい時間を取りのんびりと見ることでこの世界遺産を堪能することができるでしょう。アジアの中でもナンバーワンあるいは世界でもナンバーワンに選ぶ人たちも多いほどの素晴らしさがあり、日本にはどこを探してもこれに匹敵するものはありません。