富士山はトイレの準備ができていない?

富士山

 

日本の世界遺産に登録された富士山は我が国が誇る我が国で一番、
高い火山の1つに属する絶景の山でありますので我が国の国定公園に指定されています。

 

富士山の場所は我が国の中部に属し山梨県と静岡県にまたがっています。

 

かつては、ある宗教の信仰の山で総本山でもあった山です。
しかし日本人が誇りにしている山ですが円錐型で芸術的で、
その景観は見事な事から周辺の三保松原を含めて世界遺産になっています。

 

三保松原で思い出したのですが清水一家の西国への旅姿が映画などで撮影された場所ですが
富士山をバックにする撮影は絵になる画面で知っている人は記憶から消すことはできません。

 

 

近年、富士山と三保松原は世界遺産になりましたが全国民が期待していた事です。
しかし国の登録の申請は良いのですがトイレの準備が出来ていない事で多くの外国人観光客の富士登山の希望を諦めさせているようです。
※現在は環境配慮型トイレ、山小屋にトイレができているようです。※

 

富士山の信仰の山であった時分は良いのですが
多くの外国人が来ますと準備が出来ていない事から慌ててしまいます。

 

 

世界でも世界遺産のある場所は不便な場所が多いですがトイレは、
どうなっているのか疑問に思う事があります。

 

 

街中の世界遺産であれば問題はありませんが
世界遺産に登録するのであればトイレの準備が先ではないかと考えます。

 

世界遺産ですので自国民だけではありませんので
トイレなどの準備をしてから届を出すようにしないと
綺麗な火山が見にくい山に変わる事を心配しています。