ピサの斜塔でおなじみのイタリアのドゥオモ広場

ピサの斜塔

 

ピサの斜塔といえば世界的に有名なので、
聞いた方はみんなあの傾いた塔をイメージすると思います。

 

そのピサの斜塔が立つのがイタリア、ピサのドゥオモ広場です。
1987年に世界遺産に登録されました。

 

広場の中にはピサの斜塔をはじめとして、大聖堂、洗礼堂、墓所回廊が存在します。
ピサの斜塔とはそもそも鐘楼、つまり鐘を鳴らして時刻を知らせる役割を持った建造物です。
地盤の不安定さにより以前は今よりもっと傾いていましたが、工事により傾きはマシになったそうです。
ドゥオモ広場の中でも一番の人気観光スポットですね。

 

ドゥオモ広場に来たなら斜塔以外も見学して置きたい所です。
大聖堂ドゥオモは上空から見ると十字の形をした建造物です。
大聖堂内ではガリレオのランプと呼ばれランプがつり下がっています。

 

洗礼堂は大聖堂の西側に位置する円筒形が印象的な建物です。
少し変わった建築様式で立てられた洗礼堂はイタリアの建築技術の高さを伺わせます。
こちらは完成まで200年以上もの歳月がかかりました。

 

大聖堂の北側にはアーチの回廊が印象的な墓所があります。
かつては回廊の壁にフレスコ画がありましたが空襲で焼失してしまいました。

 

このようにドゥオモ広場にはピサの斜塔以外にも様々な建造物があります。

 

いずれもイタリアの建築技術の高さを感じさせる建造物ですので、
イタリア観光の際にはぜひ押さえておきたいスポットですね。

 

アクセスはローマから鉄道を使って3時間超です。