ユカタンの風に吹かれて佇むウシュマル遺跡

ウシュマル遺跡

 

 

メキシコのユカタン半島にありますウシュマル遺跡についてお話します。

 

ウシュマル遺跡は1996年に世界遺産に登録されました。
いまのところ保存状態はまずまずのようです。

 

何かと謎の多いマヤ文明ですが、
この遺跡はそのマヤ時代に繁栄した古代都市のひとつです。
マヤ遺跡の代表ともいえるものです。

 

ウシュマル遺跡の敷地に入りますと、
まず目に飛び込んできますのが「魔法使いのピラミッド」です。

 

高さ38mの楕円錐形のピラミッドです。
「小人が一夜のうちに造り上げた」という伝説から
「魔法使いのピラミッド」と呼ばれるようになったとか。

 

「魔法使いのピラミッド」へ上る階段は、
かなり急でかつステップの幅が狭くなっています。

 

 

以前は上ることができましたが、
現在では残念ながら遺跡保護のために上ることは禁止されています。

 

魔法使いのピラミッドの西に隣接するのが「尼僧院」。
広い中庭を囲んだ建物です。東西南北に異なったデザインの建物があります。

 

また遺跡のほぼ中央には「総督の館」と呼ばれる建物があります。
長さ187m、幅153mの基盤の上に、長さ100mの巨体な建物が建っています。

 

 

7〜10世紀に発展したこの古代都市遺跡。
切石には複雑な幾何学模様や動物をモチーフにした彫刻が施してあります。
その華麗なまでに装飾を施した切石が積み上げられてできた建物が、ウシュマル遺跡の特徴といえます。

 

 

見学していますと、遺跡のあちらこちらに見られるのが雨の神「チャック」です。
川が近くに無いユカタン地方では、雨が大変貴重です。
マヤの人たちが雨の神を崇拝していたのがわかります。

 

からっとしたユカタンの風に吹かれて佇むウシュマル遺跡。
マヤ遺跡のファンには必見の遺跡ではないでしょうか。